FC2ブログ












スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

出会い系サイトもいずれ本人確認が必須!?

最近、出会い系サイトが変わってきたな、
という印象を持ってたんですが、このニュースを見てなるほどと思いました。

1ヵ月近く前のニュースなので、ちょっと古いですが、
これで出会い系サイトがなぜ変ってきたのかよく分りました。

つまり18歳以上であることを確認するために、
本人確認書類を提出させたりするところが増えてきたんですね。

今のところはまだ全ての出会い系サイトが導入してるわけではないのでいいですが、
これが法制化されたりするとちょっと面倒なので、出会い系サイトに登録するのなら、
早い方がいいかもしれませんね。


出会い系サイト」に届け出義務、警察庁が法改正方針

 インターネットを通じた児童買春などが後を絶たないため、警察庁は17日、現行の「出会い系サイト規制法」を改正し、サイトの運営者に都道府県公安委員会への届け出を義務付けたうえで、怠った場合は罰則を科す規定を盛り込む方針を明らかにした。

 18歳未満の利用を禁じた現行法の規定が有名無実化していることから、サイトの運営者に直接、法規制の網をかけ、指導を強化する。18歳未満に関する書き込みは削除する義務も課す。同庁は同法改正案を、3月ごろをめどに通常国会に提出する。

 2003年9月施行の出会い系サイト規制法は、18歳未満が、児童売春を持ち掛けるような書き込みをすることなどを禁じており、サイトの運営者にも利用者の年齢確認を義務付けた。

 しかし、これまでは警察がネット上で年齢確認が不十分なサイトを見つけても、実際に子供が事件に巻き込まれた後であれば、プロバイダー(接続業者)に捜査協力を求め、運営者を特定することが可能だが、事件が起きる前だと協力が得られにくく、運営者を特定できないため、年齢確認の徹底などを指導することも困難だった。

 こうした現状を受け、有識者を交えて検討を重ねてきた警察庁は、サイトの運営者に各公安委への届け出義務を課すべきだと結論付けた。届け出制にすることで、指導が容易になり、届け出のないサイトを見つければ、無届け営業の疑いでプロバイダーなどに運営者の身元開示を求め、摘発できるようになる。

 利用者の年齢確認については、身分証の写しをファクスで送付してもらうなど、一定の実効性がある方法を運営者に義務付ける。

 18歳未満が異性を誘う書き込みなどは、運営者にサイト上からの削除を義務付ける規定も明文化する。届け出義務違反の罰則は、懲役6月以下程度を検討しており、年齢確認や削除義務を怠れば是正命令や業務停止命令の対象とする。

 警察庁の推計では、ネット上に存在する出会い系サイトは5000程度。出会い系サイトに絡んで被害にあった18歳未満の少女らは06年、前年比92人増の1153人に上り、95%が携帯電話からの接続だった。

(2008年1月17日14時10分 読売新聞)


fc2BlogRanking.jpg
 ブログランキングに参加中。 
 足フェチならどうかひとつ
 ←この写真をポッチリと┌(゚ロ゚)┐


出会い系サイトで会ってもいないのに1億5000万円貢いだ女!

ものすごいニュースが飛び込んできた。
出会い系サイトで知り合った女が、会社の金を横領して5年間で1億5000万円も貢いだって。
しかも女は、男に会ってさえいない。
捕まって、初めて会ったら、写真のようなジャニーズ系の顔じゃなく、熊のような顔した男。
さぞや、ショックだったろうな。でも、バカだね。


男に会社の金1億5000万 名古屋・港署 窃盗容疑、女ら逮捕

 名古屋市中川区の女が、出会い系サイトで知り合った広島県庄原市の無職の男に送金するため、勤めていた会社の金を盗んだとして名古屋・港署は24日、窃盗容疑で2人を逮捕した。5年間交際し、女は約1億5300万円を送金したが、実際には1度も会ったことはなく、会社側が起こした損害賠償請求訴訟で初めて“彼氏”と対面。電子メールで届いた美男子の写真とはまったく別人だったという。

 逮捕されたのは名古屋市中川区、元会社員塚田幸子容疑者(30)と広島県庄原市、無職広沢正文容疑者(30)。

 調べによると、塚田容疑者は2007年春、経理を担当していた港区の運送会社から250万円を盗み、広沢容疑者に送金した疑い。社内調査で04-07年に合計約1億5000万円を送金したことも認めている。

 2人は01年末、携帯電話の出会い系サイトで、広沢容疑者が「必ず返すから」と病気の親の治療費などの名目で金を無心。消費者金融の借金だけでは足りず、嫌われたくない一心で会社の金に手をつけたという。最初はいくらか返金されたため、信用したらしい。

 別の社員が不自然な会計処理に気づいて不正が発覚。会社は昨年5月、塚田容疑者を懲戒解雇して港署へ告訴し、2人に対して1億5300万円の返還を求める訴訟を起こした。

 名古屋地裁は昨年10月中旬、塚田容疑者に、今月17日、広沢容疑者にそれぞれ請求通り賠償を命じる判決を言い渡した。広沢容疑者は「会社から不正に引き出した金とは知らなかった」と争う姿勢を示したが、2人のメールのやりとりから、共犯と認定された。

 2人は昨年10月10日、法廷で初めて顔を合わせたが、塚田容疑者の前に現れたのは写真とはかけ離れたひげ面。広沢容疑者は“ジャニーズ系”の別人の写真をメール送信してなりすまし、メールと電話だけで“交際”を続け、理由をつけては会うのを避けてきた。

中日新聞 2008年1月24日夕刊より。


※一体、この男、どんなメールを送ってたんだろ。
写真だけで、ここまで引っぱれないだろうし。
すごいメールテクなんだろうな。


fc2BlogRanking.jpg
 ブログランキングに参加中。 
 足フェチならどうかひとつ
 ←この写真をポッチリと┌(゚ロ゚)┐


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。